yuikorean

韓国語学習を中心に韓国について何でも書いているブログです(^_-)

韓国語の会話で「必要なこと」と「大事なこと」、私は「大事なこと」も会話では大切にしています。

안녕하세요~

 

韓国語の勉強をしているあなたは、きっと韓国語を話せるようになりたいですよね!

私自身も、英語も韓国語も話せるようになることを目的に勉強してきました。

 

ところで、韓国語を話せるようになりたい!と思っているあなたに質問です。

 

韓国語を話すために必要なことは何だと思いますか?

韓国語を話すために大事なことは何だと思いますか?

 

韓国語を話すために、私は必要なこと大事なことの両方が大切だと思っています。

今回は、このふたつについて私の考えをシェアしてみたいと思います。

 

 

 

f:id:yuikorean:20200929154741j:plain

 

韓国語を話すために必要なこと

韓国語を話すのに必要なことは、すぐに思いつくのではないかなと思います。

このブログでもいろいろな記事の中でお伝えしています。

なので、これについてはあまり多くは書きません。

 

韓国語を話すために必要なこととは、話すことをできるようになるために知っていたり出来なければならないことですね。

 

具体的には、

 

単語と文法の知識

発音

聞き取り力

会話力

理解力

 

これらの韓国語運用能力です。

 

いつもお話している通りですが、韓国語を話したい!と言っても何も知らない、したことができないでは話せませんから上記のような韓国語の勉強や練習が必要なわけです。

 

それで、これらの韓国語運用能力がつけば確かに話せるようにはなります。

ですが、この韓国語運用能力の他にも大事なことがあると私は思っています。

 

 

韓国語を話すために大事なこと

韓国語を話せるようになりたいと思っている人は、上で挙げた韓国語運用能力を上げるために日々、韓国語の勉強をしていると思います。

 

確かに、韓国語を話したいのに韓国語が何も分からないでは話せないので、上で触れている通り必ず必要です。

 

ですが、勉強している段階であればまだ上手くできないことも多いですし、どれだけ能力を上げられるかは個人差があります。

特に発音に関しては、その傾向が強いです。

 

ひとつ例を挙げてみます。

日本で活動してる外国人タレントの日本語を聞くと分かると思いますが、よほどうまい人ではない限り、どうしても母語の訛りがあると思います。

英語訛りとか、中国語だとどうしても中国語特有の抑揚が日本語にも出て来ます。

それも日本に長く住んでいて毎日、日本語を使っていてもです。

 

ですが、そういう日本語でも、私たち日本人が聞いて理解ができないことはないと思うんですよね。

伝えたい事を、多少発音やイントネーションが違っても、間違いながらでも話して伝えようとしているから私たちにも伝わってくるんだと思うんです。

 

これを、私たちの韓国語学習に置き換えて考えてみてください。

同じことが言えないでしょうか?

つまり、韓国語を話すために大事なことは伝える気持ちだということです。

 

確かに、何の間違いもなく発音もイントネーションもきれいな韓国語は、聞く方からすれば聞き取りやすいと思います。

ですが、そこだけうまくできても、ただスラスラと話せているだけでは自動音声が話しているみたいになって味気がないですよね。

 

前にYouTubeで韓国人が日本語で日本について話している動画をたまたま見つけました。

彼は、イントネーションや発音が日本人のようにうまいわけではないです。

文法などもたまに間違っていることもあります。

ですが、伝えようとする気持ちがあるから、見ている方にも伝わってくるんですよ。

なので、そんな間違いは全く気にならないです。

 

 

韓国語能力を上げていくことはそれはそれで必要なことだとは思います。

ですが、会話はそれだけではないということなんですね。

 

勉強や練習をしていざ話すとなった時に、分からない事があったりしてもどうにかして伝えようとすれば案外伝わるものです。

 

私自身も英語や韓国語を話していますが、たまに言いたいことが一発で伝わらない場合もあります。

その場合、伝わらないから仕方ないとか、もう一度言って伝わらないかも知れないからやめておこうではなく、何とか伝えようとしています。

その時は、正確さだとか発音を上手くするだとか小さなことは気にせずに伝えることだけ考えて話しています。

 

 

まとめ:韓国語能力も必要だけど伝える気持ちも大事!

私たち日本人は、なんでもキチンとできないといけないとか間違えるのが恥ずかしいという気持ちがあると思います。

だから、すごく勉強をすると思うんですね。

 

ですが、どれだけ勉強や練習をしても、話す時になって間違ってしまうとか、発音やイントネーションが韓国人とは違うのは当たり前です💦

どれだけ勉強しても完璧ってないですし、韓国人ではないですからね。

なので、過剰に正確さとか上手く話そうと考えることはしない方が良いです。

 

韓国語を話せるようになりたいのであれば、細かいこと気にし過ぎないことです。

普段から勉強や練習をして、本番で話す時は間違えることを気にせず話せば良いですよ。

 

話す前から、間違えることを心配したり、通じなかったらどうしようなどと考えてしまうといつまでも話せません。

伝えようと思う気持ちがあれば何とかなる、と思って気楽に話してみてください。