yuikorean

韓国語学習を中心に韓国について何でも書いているブログです(^_-)

韓国語版になっている日本のマンガや小説は韓国語の勉強におススメです!

안녕하세요.

日本ではK-POPや韓国ドラマが既にひとつのジャンルとして定着している感がありますね。

 

韓国でも、昔は日本のものは解禁されていませんでしたが、今ではもちろんそんなことはありません。

ドラマ、音楽、本など日常的に日本のものを手に入れることができます。

 

ところで、私は読書が好きで本屋さんに良く行きます。

韓国でも韓国語の教材を見に行ったついでに韓国人向けの本も見ます。

韓国では、多くの日本人作家の本も韓国語に翻訳されて出版されています。

 

今回は、ある程度韓国語が分かる人向けに韓国語版になった日本の本を使った勉強方法について書きたいと思います。

 

 

韓国語版に翻訳されている作家

日本でも昔から有名な村上春樹を始め大御所の作家の作品から、東野圭吾など比較的新しく出て来た作家の作品も韓国語版になっています。

 

 

韓国語版になっている日本の本のジャンル

小説はもちろん、マンガ、コミックエッセイ、料理レシピ、絵本など多くのジャンルで翻訳されています。

 

 

私が選ぶ韓国語版になった日本の本

色々なジャンルで韓国語版になった日本の本がありますが、私が選ぶのはほぼコミックエッセイです。

韓国語版になった日本の本を読むのは、勉強が目的ではあるのですが楽しむ目的もあります。

 

そのため、あまりにも難しい単語が出て来て、辞書を何度も引かないと読めないような小説は読むのが嫌になってしまいます。

ただ、読みたい作品があるとか難しい作品に挑戦したい場合は小説も良いと思います。

 

 

私がコミックエッセイやマンガをおススメする理由

コミックエッセイやマンガであれば、イラストがあるので分かり易いです。

そして、基本は会話なので難易度は小説より低いです。

また、小説だと日常的には使わないような詞的な表現や単語も多いです。

 

ですが、コミックエッセイやマンガは日常的に使われる言葉がほとんどです。

なので、日常的に使えるような表現を学べるのもコミックエッセイやマンガのメリットです。

例えば、私が買ったのはこの本です。

f:id:yuikorean:20200624095754j:plain

たかぎなおこさんの本

たかぎなおこさんの「愛しのローカルごはん旅」です。

元々日本の本ですのでもちろん日本語版があります。

 

 

日本語版と韓国語版を使った勉強方法

私はまずこの本の日本語版を読みます。

それから韓国語版を読んで、良く分からないところやなんだろう?と思った所を日本語版で確認します。

また、日本語と韓国語の言い回しの違いや表現の違いを比較します。

 

日本語と韓国語は文法的に似ているため、置き換えでできてしまう部分も多いです。

ですが、やはり外国語ですので、そっくりそのまま置き換えできない部分もあります。

 

あとは、日本語ではある表現でもそれに該当する表現が韓国語ではない場合もあります。

そういった場合に、韓国語ではどう訳しているのかを見ます。

つまり、韓国語そのものを学ぶと言うより自然な韓国語を学ぶために使います。

 

 

NGな韓国語の本を使った勉強法

冒頭にも書きましたが、本を使ってする勉強はある程度韓国語が分かる人向けです。

つまり、韓国語がほとんど分からない人はこの方法はNGです。

教材を使った基本的な文法や単語の勉強が嫌だから好きなもので勉強するという発想でするのはNGです。

 

日本語で考えてみれば分かると思いますが、日本語が分からないで本を読むことはできませんよね。

日本語の本を読むためにはまず日本語を分かるようにならなければなりません。

 

韓国語を使って何かをするのであれば、それ以前に韓国語がある程度分かる必要があります。

もしくは、メインの勉強はきちんとして、楽しみとして取り入れるようにすると良いと思います。