yuikorean

韓国語学習を中心に韓国について何でも書いているブログです(^_-)

見落としがちな韓国語が話せない根本的な原因

안녕하세요!

 

韓国語に限らずですが英語でも勉強を一生懸命にしているのに話せないと悩む人はいます。

 

私自身、英語と韓国語の講師として指導してきたわけですが、そういう生徒さんがやはりいらっしゃいました。

 

そして、それらの方々を見ていて気付いたことがあります。

 

英語や韓国語を話せない根本的な原因があって、それを改善しないとどれだけ勉強しても話せるようにはならないということです。

 

ただし、あくまでもこれは原因のひとつであって、話せず悩んでいる人すべてに当てはまるということではありません。

 

今回は、この「見落としがちな韓国語が話せない根本的な原因」について書きます。

 

f:id:yuikorean:20210203115930j:plain

 

 

 

韓国語はスキルやテクニックだけでは話せない

まず、ひとつ質問です。

ちょっと考えてみてくださいね。

 

「韓国語を話せるようになるために必要なことは何だと思いますか?」

 

 

あなたは、次のようなことを思い浮かべなかったでしょうか?

 

単語力

文法知識

正しい発音

会話力

作文力

 

確かに、これらは韓国語を話せるようになるためには必要です。

単語や文法を学んで、それを作文出来て正しい発音で話せなければ会話になりませんよね。

 

ですが、これだけがきちんとできれば話せるようになるのか?

答えは、違いますね。

 

韓国語でも英語でも何語でもそうですが、話すことはスキルやテクニックだけ上げてもできるようになるわけではありません。

 

そして、それらを上げるために学習量だけ増やす、勉強法を一生懸命探す、いろいろな教材を使うといったことでは対処できないことがあります。

 

もっと根本的な部分が大切で、そこができていないことが話せない大きな原因のひとつなんです。

 

 

話すことの目的は何なのか?

そもそもの話になりますが、韓国語など言語を話す目的って何なのか?ということを考えるとそれはコミュニケーションではないでしょうか?

 

コミュニケーションということは、相手に何かしらを伝えたり、相手から何かを聞いたりしてやり取りをするということですよね。

 

そうなると、自分が相手に伝えたいことがない、何を話したら良いのか分からない、相手のことに興味や関心がないなどの状態ではコミュニケーションができません。

 

これは、韓国語能力とは別の問題で、日本語でもこれらの状態なのであれば、韓国語を話す場合でも話せません。

 

つまり、いくら韓国語のスキルを上げても、コミュニケーション能力がないと会話はできないということです。

 

 

コミュニケーション能力を上げるには?

コミュニケーション能力を上げるスキルやテクニックは確かにあります。

私が学んだNLP(神経言語プログラミング)でもそういうテクニックがありました。

 

ですが、そういうものを学ぶ前に自分でコミュニケーション能力を上げることは簡単にできます。

 

それは、どういう気持ちで相手に話すのか、相手に興味・関心を持ったり、どのくらい相手を大切に思って知りたいと思えるか、といったことです。

 

また、自分自身にもっと興味を持って、日頃の生活の中で自分に問いかけをいろいろしてその答えを持つことですね。

 

この自分に対してする質問は、ちょっとしたことで良いんです。

 

なんでこの食べ物が好きなのか?

自分の仕事はどんな仕事なのか?

将来何をしたいのか?

韓国語でどんなことをしたくて勉強しているのか?

 

こういったことは、自分が相手から訊かれることもあるし、自分が話す時に相手に質問するネタにもできます。

 

私自身は、20代でオーストラリア、30代で韓国、40代でフィリピンに住んで来ました。

そして各国の人たちと仕事をしたりプライベートでも付き合っています。

その経験からもコミュニケーション能力の大切さを実感しています。

 

 

まとめ:韓国語を話せるようになる状態をまず作る

韓国語を話せるようになりたい、と思うとどうやって勉強するのかなどスキルやテクニックにフォーカスしてしまいがちです。

 

確かにそれらも大事ではあるのですが、それらのスキルを使い韓国語を習得して話せるようになるための状態をまず作ることが大事です。

 

過去の記事でも書いていますが、話すことは正解を答えれば良い試験とは違います。

いくら単語を正しく使い正しい文法で完璧に話せても、相手が気分を害すようなことを言ってしまっているのであればそれはNGなわけです。

 

それであれば、多少不自然だったり、間違って話しても相手と気持ちのよい会話ができる方がよほど良いわけです。

 

これは韓国語能力の問題ではなくコミュニケーション能力の問題ですよね。

 

韓国語を話すことは単なるスキルやテクニックではない、ということをぜひ心に留めて韓国語の勉強をして欲しいです。

 

 

 

 

ポチっと押して頂けると(人''▽`)ありがとう☆

↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語教室・講師へ
にほんブログ村