yuikorean

韓国語学習を中心に韓国について何でも書いているブログです(^_-)

【すぐに使える簡単韓国語】잘 먹었습니다(チャル モゴッスムニダ)=「ごちそうさまでした」も食べた後に言いましょう!

안녕하세요!

昨日は、日本語の「いただきます」にあたる잘 먹겠습니다(チャル モッケッスムニダ)について書きました。

yuikorean.hatenablog.com

 

今日は「ごちそうさまでした」です。

 

잘 먹었습니다(チャル モゴッスムニダ)

意味:ごちそうさまでした

 

これも次のふたつの部分に分けられます。

 

잘 よく、うまく

먹었습니다 食べました(過去形)

 

そのまま訳せば「よく食べました」ですね(*´艸`*)

これも日本語と同じ感覚で使えるので迷わず使えると思います。

注意するのはやはり発音です!

잘(チャル)については昨日書きましたが、おさらいです。

 

잘(チャル)の発音は「ル」と言う時に舌先が上あごの固い部分に触れると思います。

その状態で舌先を離さないで置きます。

そうするとうまく発音できます。

ここで舌先を離してしまうと「ル」になりますが、実際の発音は「ル」ではありません。

敢えて日本語式のローマ字表記をするなら、「Chal」と「Chaluの違いです。

「u」があるかないかだけの差ですが、全く違います。

 

次に먹었습니다(モゴッスムニダ)の部分です。

これも気を付けるのは「スムニダ」です。

「スムニダ」の「ム」の部分は唇を合わせて、次の「ニ」の発音に移ります。

ここで合わせた唇を離してしまうと、要らない「u」の音が入ってしまい日本語風な発音になってしまいます。

 

韓国語「スムニダ」の部分をうまくできると発音が上手に聞こえます。

今後も幾度となく出て来ますので是非覚えておいてください。

 

잘 먹겠습니다(いただきます)と잘 먹었습니다(ごちそうさまでした)はセットで覚えるといいですね。

ただし、どっちがどっちだか間違えないようにしないといけないですよ!