yuikorean

韓国語学習を中心に韓国について何でも書いているブログです(^_-)

日本語を韓国語に置き換えただけの不自然な韓国語にならないようにするには?

안녕하세요.

 

韓国語を勉強し始めハングルを覚え、初級文法の勉強を始めた頃から韓国語は日本語と文法的に似ていて分かりやすいと感じなかったでしょうか。

実際、英語に比べるとかなり分かりやすいですよね。

 

そして、こんなことを考えなかったでしょうか?

 

韓国語って日本語を置き換えれば文が作れる!

 

もし今そう思っている、もしくはそういう考え方で韓国語を勉強しているのであれば、その考え方は危険です。

 

過去の記事でも何度か触れていますが、韓国語がいくら日本語と似ていると言っても外国語には変わりないので、置き換えではできません。

 

これは、中級に入ってくると段々実感として分かるようになると思います。

 

作文をしてみると日本語を置き換えただけの不自然な文になってしまい直されるという経験がある人もいるのではないでしょうか?

 

そして、なかなか自然な韓国語を作れないと悩んでいる人もいるのではないかと思います。

 

今回は、日本語を韓国語に置き換えただけの不自然な韓国語にならないようにするには?について書いていきたいと思います。

 

f:id:yuikorean:20201102123647j:plain

 

 

 

置き換えではできないという意識を持つ

まずは、既に触れた通りですが、韓国語と日本語はいくら似ていても違う言語なので日本語を置き換えただけではできないという意識を持つことです。

 

ここがまず大前提なので、必ず覚えておいてください。

 

英語のように日本語と全く違う言語であればそういう考え方はしないと思いますが、似ているだけに日本語の感覚でできると思ってしまいがちです。

 

特に初級段階では置き換えで文が出来てしまうことが多いため、そういった意識になりがちです。

 

ですが、置き換え思考を持ったまま勉強を続けると後できちんとした文を作れないことになるので気を付ける必要があります。

 

 

韓国語の文に多く触れる

不自然な韓国語になってしまう理由のひとつが、韓国語の文のインプットが足りないこともあります。

 

韓国語の文のインプット量が足りないと、韓国語の型が身に付きません。

それにより、自分で文を作る時のサンプルがないため、どうしても自分の日本語をベースにして置き換えて文を作ることになってしまいがちです。

 

その結果、助詞の使い方など韓国語と日本語で同じではないものでも、日本語に韓国語を当てはめてしまい日本語風な韓国語になってしまいます。

 

このようなことにならないためには、多くの韓国語の文に触れて韓国語らしい文に慣れることが必要です。

 

特に、初級段階の人には気を付けて欲しいです。

まだ、韓国語の知識が足りないうちに無理して自分で考えて文を書いたり、日記を書いたりすると、不自然な韓国語を身に付けることになりかねないです。

 

更に言うと、自力で書けないからと翻訳アプリで翻訳して覚えるのは、間違った韓国語を身に付けることになるので絶対にしないようにしてください。

 

まずは例文を真似る、その次にアレンジをする、それができるようになってから、自分のオリジナルでやる要素がある日記や作文の勉強をするのが間違いがないです。

 

自分で考えて文を書くとか日記はオリジナルでやる段階なので、ここをいきなりやるのはハードルが高いです。

www.yuikorean.com

 

 

韓国語と日本語の違いに注目する

韓国語を勉強する時に、日本語と同じ感覚でできるものは間違えにくいですが、違うものは間違えやすいです。

 

そのため、韓国語と日本語の違いに注目し見落とさないようにすることが、自然な韓国語を身に付けるためにはとても重要です。

 

例はたくさんありますが、ここでは分かりやすいように助詞の使い方で例を挙げてみます。

 

明日までに来てください

내일까지 오세요. (✖까지에)

 

韓国料理好きです

한국요리 좋아해요. (✖가)

 

から部長に伝えておきます

부장님한테 전해 드겠어요. (✖에게서/한테서、에서)

 

これらは、日本語と韓国語ではズレる表現です。

こういった小さな違いを見落とさず、しっかりと日本語との違いとして覚えなければなりません。

 

韓国語を日本語に訳すことをしている人が多いと思います。

ですが、単語の意味を調べて、その意味と文法知識から感覚的に訳して終わりにしてしまうと、テキストに注意点として書いていない限り見落としてしまう可能性が高いです。

 

前の項目の韓国語の文に多く触れることとも関連のあることですが、多くの文に触れることによって、こういった違いに気付くことが自然な韓国語を使えるようになるポイントです。

 

 

自分の日本語を見直す

韓国語の話なのに何で日本語を見直す必要があるのかと思うかも知れません。

ですが、韓国語に限らず何かしら外国語の勉強で躓くのには母語である日本語が正しく使えていないことも理由のひとつなんです。

 

なぜかと言うと、私たちは結局のところ日本語を基に韓国語を理解しているからです。

その元の日本語が乱れていたり間違っていれば、それを基にして考える韓国語の文もやはりそうなります。

 

そして、そこに置き換え思考があると、作る韓国語もそれにつられて不自然な韓国語になります。

 

例えば、「5万ウォンになります」という日本語を使っているとします。

それを置き換え思考で韓国語にしたら以下のようにしてしまわないでしょうか。

 

そのまま文字通り置き換えた場合

5만원 됩니다.

 

「~になる」は「이/가 되다」であることは知っている場合

5만원 됩니다.

 

これらはいずれにせよ不自然な韓国語です。

 

「5万ウォンになります」は「5万ウォンです」という意味なので

5만원이에요.

 

が正しい表現ですね。

 

「~になります」「~でよろしかったでしょうか」「~の方」などコンビニやレストランの接客で使われているようなフレーズは変な日本語が多いです。

 

これらは接客しなければ使うことはないにせよ、こういう日本語に違和感を感じない場合はちょっと注意が必要かもしれません。

 

 

フレーズとしてひとまとめにして覚える

前の項目で挙げた「~が好きです」「~になる」、あとは「~と似ている」のような日本語とズレる表現はフレーズとしてひとまとめにして覚えると良いですね。

 

英語もそうなんですが、なかなかできるようにならないと悩む人は、単語ごとに分解して覚える傾向があります。

 

例えば、「을/를」であれば「~を、~が」とこれだけで覚え、「좋아하다」を「好きだ」のように別々に覚えているような覚え方です。

 

このような意味だけ覚えて、使い方まで覚えていない勉強法だとせっかく覚えても使えるようになかなかなりません。

 

これについては以下の記事で書きました。

www.yuikorean.com

 

韓国語の助詞は日本語とは完全に一致しないので、こういったものは「을/를 좋아하다」のようにひとまとまりにして覚えると日本語につられて間違うことがなくなります。 

 

 

まとめ:多くの文に触れて型を学びまずは真似する

韓国語に限らずですが、外国語で自然な文を書いたり話すことはどれだけ勉強したとしても、そんな簡単なことではありません。

 

そのため、あまり神経質になったり、細かいことを気にしすぎなくて良いと思います。

ですが、勉強をしている時点で間違った表現を覚えてしまいそれが癖になると後で直すことが難しくなります。

 

自然な表現ができるようになるために、まずは韓国語の文に多く触れ日本語と違う部分、韓国語らしさを少しずつ身に付けていきましょう。

 

そして、まずはそれを真似て基本の型をしっかりと覚えてください。

型が出来ていれば、その後の応用からオリジナルもできるようになります。

 

ポチっと押して頂けると(人''▽`)ありがとう☆

↓ ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語教室・講師へ
にほんブログ村