yuikorean

韓国語学習を中心に韓国について何でも書いているブログです(^_-)

韓国語を独学で挫折しないで上達させるための勉強法(思考法)とは?

안녕하세요!

韓国語を独学で勉強している、または、これから始めるけどひとまず独学でしたい人がいると思います。

韓国語に限らずですが、外国語の習得で挫折してしまう人が少なからずいます。

ですが、韓国語をできるようになるためには勉強を続けることが必須条件になります。

 

今回は独学でいかにして挫折せずに勉強を続けて、上達させるかの方法(思考法)について書きます。

 

 

 

 

まずは目的と目標を設定する

勉強が続かず挫折してしまう理由のひとつに、韓国語をできるようになりたい明確な理由がないことがあります。

つまり、韓国語をできるようになってこれをしたい!という目的と、そうなる為の目標がないということです。

 

何となくやる勉強はモチベーションをキープできないので挫折しやすいです。

まずは韓国語を勉強する目的と目標を設定してください。

 

 

直ぐに成果は出ないと心得る

韓国語など外国語の勉強はやってすぐに成果が出るものではありません。

例えば1か月くらい勉強して会話ができるようになることは、よほど勉強しない限りはまず無理です。

毎日の変化は微々たるものです。

そういうものだと心得て、日々のちょっとした成果を励みに勉強を続けることが大事です。

 

 

初めは続けることを優先する

勉強に限らずダイエットなどもそうですが、初めからいきなり負荷をかけ過ぎると続けられません。

まずは、きちんと毎日続けられることを優先して勉強をするようにしましょう。

 

普段から勉強する習慣がないのであれば、まずは一日5分でも良いのでテキストを開くことから始めてみましょう。

テキストを毎日開くことであれば難しくないはずですし、毎日続けられると思います。

 

初めはこんな程度のことから始めればOKです。

そこから少しずつ負荷を掛けていくようにしてみてください。

 

 

一度で覚えようとしない

韓国語の勉強で単語を覚えることは重要な要素です。

ですが、単語は一度勉強しても覚えられません。

単語に限らず韓国語の勉強全般に言えることですが、一度で覚えようとせず繰り返すことが大事です。

 

「単語が覚えられない」という悩みを持つ人が多いですが、そもそも繰り返しが足りないことが大きな原因です。

何度も繰り返して体に染み込ませるように覚えて行きましょう。

 

 

小さな成功体験を積む

上で触れたように、韓国語の勉強を毎日続けていても日々の変化は微々たるものです。

ですが、毎日少しずつ成長はしていきます。

 

毎日勉強をしながら「まだこれしかできない」と考えないようにしてください。

勉強をして、練習問題を解いてみてできたら「これもできるようになった」と自分の成長を褒めてください。

こうしたちょっとした成功体験を日々積んでいくことがとても大事です。

 

 

「まだ~ない」という考え方をしない

韓国語の勉強はある意味では終わりはないです。

単語はどこまでやっても知らない単語はいくらでも出て来ます。

どれだけ勉強しても完璧になることは正直ありません。

 

ですが、「まだ発音がネイティブのようにできない」のような「ない」部分に目を向けた考え方はしないことです。

「ない部分」に目を向けてしまうと、ない物を埋めようという考え方になり、あれもこれもやらなければいけないと思うようになります。

 

そうすると自分でやることをどんどん増やしてしまい韓国語の勉強が苦行になります。

そうではなく、少しずつ勉強して増えていく「ある」部分に目を向けてください。

 

 

自分に必要なことを勉強する

上で触れた事とかぶりますが、韓国語の勉強はどこまでやっても終わりはありません。

そのため、何もかも全部覚えようとかできるようになろうと思わないことです。

通訳や翻訳の仕事をしたいとなれば話は別ですが、そうでなければ自分に必要な物だけ学べばそれで十分です。

 

初級段階はすべての基礎になるのでしっかりと理解して使えるようになる必要があります。

中級以降は自分の目的と目標に合わせて勉強しましょう。

例えば、試験で出てくるような単語は、会話では必ずしも必要ではありません。

会話をできるようになりたいのであれば、会話の練習をすることに時間を取りましょう!

 

 

SNSで他の韓国語学習者との付き合い方に要注意!

SNSが一般的になり、同じように韓国語の勉強をしている人の様子を見ることができます。

それらを見て、良い刺激を貰って勉強のプラスになるのであればよいです。

ですが、逆に自分にとってマイナスの影響になってしまうことは良くないですね。

 

例えば、自分が決めた目標に向かって勉強しているのに、人の様子を見て真似をするのはNGです。

みなそれぞれ韓国語の勉強をする目的も違えば勉強する条件も違います。

何となく良さそうという感覚や好みで人の真似をして自分の軸がずれてしまわないようにしましょう。

 

また、「~さんはもう~なのに私はまだ~」のように人と自分を比較することも止めましょう。

学校の勉強とは違い、韓国語の勉強は人と競争したり一律な目標に向かってするものではありません。

自分の目標に向かって勉強すれば良いので人と比較する必要はありません。

 

 

 

韓国語の勉強を独学で挫折しないで上達させるためには、

 

ムリせず勉強を続けること

自分の成長を感じられること

繰り返し練習すること

 

この3つが特に重要です。

自分が目指すところに向かってブレることなく一歩ずつ成長を感じながら進んでいきましょう!