yuikorean

韓国語学習を中心に韓国について何でも書いているブログです(^_-)

【すぐに使える簡単韓国語】잘 먹겠습니다(チャル モッケッスムニダ)=「いただきます」と言ってから食べましょう!

英語や他の国の言葉だと、食事の前に言う「いただきます」にあたるあいさつがなかったりします。

ところが、韓国語では「いただきます」にあたるあいさつがあります。

 

잘 먹겠습니다(チャル モッケッスムニダ)

意味:いただきます

 

このフレーズを少し説明すると次のふたつの部分に分けられます。

 

잘 よく、うまく

먹겠습니다 食べます(意志)

 

そのまま訳せば「よく食べます」ですね(*´艸`*)

使い方は日本語と全く同じで、食事を食べる前に言います。

ひとつだけ注意したいのが発音です!

 

ひとつ目は、「チャル」の発音です。

잘(チャル)の発音は「ル」と言う時に舌先が上あごの固い部分に触れると思います。

その状態で舌先を離さないで置きます。

そうするとうまく発音できます。

ここで舌先を離してしまうと「ル」になりますが、実際の発音は「ル」ではありません。

敢えて日本語式のローマ字表記をするなら、「Chal」と「Chaluの違いです。

「u」があるかないかだけの差ですが、全く違います。

 

ふたつ目は、モッケッスムニダの発音です。

먹겠습니다(モッケッスムニダ)の「スムニダ」の「ム」の部分は唇を合わせて、次の「ニ」の発音に移ります。

ここで合わせた唇を離してしまうと、要らない「u」の音が入ってしまい日本語風な発音になってしまいます。

 

韓国語はあいさつ程度でよいとかきちんと勉強するつもりがない場合はあまり影響はありません。

カタカナ読みでも支障はありません。

 

ですが、今後もし韓国語を勉強していきたい場合は、初めの段階で気をつけないと後で直すのが難しくなります。

ハングルをきちんと読んで発音することが必要ですね。