yuikorean

韓国語学習を中心に韓国について何でも書いているブログです(^_-)

【よくある質問】韓国語会話は独学でできるようになるのか?

안녕하세요.

 

韓国語の勉強をしている人の多く、また世間的には韓国語でも英語でも何語でもその言語をできると言うのは、暗黙の了解で「話せる」を意味することが多いのではないでしょうか。

 

実際、会話は語彙力、文法力、発音力、作文力、聞き取り力などその言語の総合力が問われるスキルなので、会話ができるを「〇〇語ができる」と考えるのはあながち間違いではないように思います。

 

さて、その会話ですが、韓国語を勉強をしている人の中には独学でできるようになるのか?習わないとできるようにならないのか?と思っている人もいるのではないでしょうか?

 

私のところにも独学で話せるようになる方法を知りたいといった質問も来ます。

 

今回は、韓国語会話は独学でできるようになるのか?について書いていきます。

 

f:id:yuikorean:20210827122207j:plain

 

 

 

独学でも会話はできるようになる

まず初めに結論ですが、独学でも会話ができるようになることはできます。

 

実際、私自身も英語と韓国語は独学で話せるようになりました。

 

実は、どちらも習ったことはあるのですが、ある程度話せる中級レベルの会話力になってから更に話せるようになる目的で習いました。

 

なので、会話ができない状態からできる状態には自力でなりました。

現状は英語でも韓国語でも仕事ができる、大学の講義が理解できる程度です。

 

ただ、独学で会話ができるようになれるかは、以下の条件が付いてくると個人的な経験から思います。

 

話せる状態をどう定義するか

話せるようになるマインドセットと勉強法を知っているか

自分で改善点を見つけて改善できるか

練習を継続して習慣化できるか

会話をする機会を作って/活かし練習しているか

 

次からは以上の項目をひとつずつより詳しく書いていきたいと思います。

 

 

独学で会話ができるようになれるかの条件

上で挙げた独学で会話ができるようになれるかの条件について順番に説明します。

 

 

話せる状態をどう定義するか

これは既に別の記事でも触れていますが、結論から言うと韓国人を目指すのではなく、自分の目的達成のための会話をできるようになることを目的に設定すれば可能です。

 

私が外国語習得でいつも考えていることはネイティブは見本であって自分のゴールではないということです。

 

例えば、発音はネイティブとかけ離れた発音では通じないので、ネイティブの音を見本として真似しますが全く同じになろうと思ってやっていません。

 

韓国人を目指すとなると独学ではなく習ったとしても難しく、終わりのない勉強を覚悟する必要があります。

 

 

話せるようになるマインドセットと勉強法を知っているか

以前の記事で、韓国語の勉強に限らず何事もまずはマインドセットが大事だという内容の記事を書きました。

 

マインドセットがその後に自分がやることの結果に大きく影響するからです。

 

www.yuikorean.com

 

そしてそのマインドセットを基にした話せるようになる勉強法を知っているかどうかも話せるようになるかの条件になります。

 

マインドセットが話せるようになるものなら、それに連動してやる勉強法も話せるようになるような勉強法になり成果も出ます。

 

例えば、過去の記事でも触れていますが、「単語は意味を知るだけではなく活用ができなければ使えない」というマインドセットを持っていれば、活用までを勉強します。

 

活用する言語である韓国語を使いこなすには活用をマスターすることがキモになるので、活用を勉強、練習すれば当然話せるようになります。

 

逆に「単語は意味だけ覚えてとにかく数を増やす」というマインドセットであれば、その通りにとにかく意味だけ覚えて数を増やす暗記をすると思いますが、活用ができるようにはならないので、使える単語力は付きません。

 

このように、大元の考え方をどう持っているかで行動も結果も変わります。

そのため、話せるようになるマインドセットと勉強法を知っているかが重要な条件になります。

 

 

自分で改善点を見つけて改善できるか

独学の場合、習っている場合と違い先生からフィードバックを貰うことはできません。

そのため、自分で自分のやっていることを分析し、改善点を見つけ、自分で改善していく必要があります。

 

調べて改善策を探すにしても、自分に必要な正しい情報を取れるかの目が必要になります。

 

現状何かしらうまく行っていないとすれば、それを続けても今のその現状が未来にスライドして現れるだけなので、何かしら今改善する必要があります。

 

セルフフィードバックをしてPDCAが回せるかどうかも独学で話せるようになるためのカギになります。

 

 

練習を継続して習慣化できるか

これはもう言うまでもないのですが、韓国語会話は一朝一夕にできるようになるわけではないので、話す練習を継続して習慣化する必要があります。

 

習慣化するということは、何かしら日常生活で習慣化していることと同じように、するのが当たり前の状態にするということですね。

 

練習を継続して習慣化できるどうかにはやはりマインドセットの部分が大きいです。

 

例えば、「練習しているのに全然できるようにならない」と思って練習していれば、段々練習が苦痛になってきて継続することは難しく挫折してしまう可能性が高いです。

 

こういうマインドセットになるにはいくつか原因が考えられますが、そのひとつとして「練習に対する成果についてそもそもの期待値が高すぎる」ということがありますね。

 

逆に「少しずつでもできるようになってきている」と思えば、自分のできるようになっている部分に目を向けているので、もっとやろうと思えるはずです。

 

 

会話をする機会を作って/活かし練習しているか

日本にいると韓国語だけではなく、自分が学んでいる外国語を話す機会は作らなければなかなかありません。

 

そのため、自分で工夫して自分の口から韓国語を出す機会をできるだけ作る必要があります。

 

よくある誤解ですが、会話は必ずしも相手がいなければ練習できないわけではありません。

 

日頃から自分で一人二役で会話練習をすることは私も良くしています。

 

むしろ、こういった日頃の練習をしておかなければ、いざ面と向かって話す相手が現れても話すことはできません。

 

また、韓国に行く機会があったり、日本にいても何かしらの方法で韓国人と話す機会が得られたらその機会をしっかりと活かして練習することも大事です。

 

韓国に行けば、周りはみんな韓国語を話す人たちなのにそれを活かさず話さないのは本当にもったいないです。

 

話す機会は自分で作って活かすということを意識することですね。

 

 

まとめ:独学で韓国語会話はできるようになる

ここまで書いてきた通り、韓国語会話は独学でもできるようになることはできます。

ですが、独学で話せるようになるには、それを可能にする条件があることは既に書いた通りです。

 

私は英語と韓国語、中国語も同じように学んできて、今もまた別の言語を同じやり方で独学でしています。

 

いずれの言語でやってみても効果の出ている方法なので参考にしてみてください。

 

また、今回書いてきた内容を講座として今体系化しているところです。

 

話せるようになる考え方や練習法、自分の言葉でしっかり話せるようになる秘訣を体得し、練習の継続と習慣化を確実にできるようにカリキュラムを構成しています。

 

初級を学習済みであれば4か月で、単語暗記、文法の勉強は不要、独学で今の自分の韓国語能力をフル活用し、自分の言葉で自分のことを韓国語で話せるようになります。

 

教育コンサルタントとして毎月約20人のコンサルをしている私が個別にサポート、伴走して話せるようになるゴールを目指す講座です。

 

講座の準備ができたら、その時にまた告知したいと思います。